経験豊富な企業再生のプロフェッショナル集団

資金調達・資金繰り改善コンサルティングなら東京会社再生支援センターにご相談下さい!

親切対応厳守「HP」を閲覧したとお伝えください 03-3985-8703お電話受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み
【全国対応可】資金調達のご相談は、余裕を持ってお早めに!

HOME >  会社再生トピック > 中小企業の銀行融資の借り換えのメリットとデメリットとは?

中小企業の銀行融資の借り換えのメリットとデメリットとは?

昨今銀行から借りる金利が著しく低下しており、既存の銀行融資債権を借り換えるケースが増えています。
既存の銀行からの融資の金利を見直したい経営者様は是非借り換えを検討してもみることをお薦めします。

銀行融資の借り換えを行うメリットとは?

一番のメリットは何と言っても「金利」になります。

1億円借りている場合に、金利が1%下がるだけで約100万円近い支払利息が減り、その分利益に転換されます。

借り換えを行うだけで、年間相当な経費が削減できるので、借入金の金額によっては相当メリットを感じて頂けるかと思います。

実際に当センターで借り換えを実施したお客様の中には、年間1,000万円近い経費削減効果で出たお客様もいらっしゃいます。

また交渉次第では、支払期間、担保の設定、保証人の見直しなども同時に行うことによって、支払利息を減少させる以外の大きなメリットもあります。

 

逆に銀行融資の借り換えのデメリットとは?

 既存の銀行融資債権を借り換える際の大きなデメリットとは、既存銀行からの印象が悪くなってしまうことが想定できます。
「お宅の銀行とは取引したくない」という意思表示に取られる可能性がありますので、銀行からの借入金を借り換える際には、交渉も慎重に行いたいところです。

もちろん借り換えの交渉をする中で、既存行も条件を見直して提案してくれる可能性もあるので、強引に他の金融機関に借り換える必要もありません。

よっぽど対応が悪いなど、もう取引したくないということが明確でない限り、強引に借換することはお薦めしません。

 

それ以外のデメリットとしては、借り換えを行う際の各種手数料などの費用が発生することが挙げられます。
例えば保証協会付融資を借り換える場合には、保証料も新たに保証協会に支払う必要があります。また不動産担保付きの融資の場合には、登記の設定なども生じてきますのでその際にも各種手数料が発生します。

支払利息の減額などメリットと照らし合わせて、判断頂きたいところです。

 

まとめ

既存銀行としては、「長年融資を実行して付き合いのあるお客様を手放したくない」というのが本音なので、他行に借り換えることは非常に嫌がります。

まずは決算書が出来上がったタイミングで担当者に話をしてみて、担当者の反応を見るところからスタートさせてみてはいかがでしょうか。

東京会社再生支援センターでは借り換えのお手伝いもしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

 

自社の状況を相談したい、改善策を教えてほしいという皆様、相談面接をお受けします。03-5979-2205受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み お申し込みフォーム
※ご料金を頂くのは、契約締結後、または実行時ですのでご安心を!まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 【資金調達等の相談受付中】

   【資金調達等の相談受付中】

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善計画書公開中

 経営改善計画書公開中

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 富永英里著書

 富永英里著書