経験豊富な企業再生のプロフェッショナル集団

資金調達・資金繰り改善コンサルティングなら東京会社再生支援センターにご相談下さい!

親切対応厳守「HP」を閲覧したとお伝えください 03-3985-8703お電話受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み
【全国対応可】資金調達のご相談は、余裕を持ってお早めに!

HOME >  会社再生トピック > 中小企業でも銀行から無担保で融資を受けるのか?

中小企業でも銀行から無担保で融資を受けるのか?

「銀行から担保はありますか?」と聞かれることはないでしょうか?

経営者の皆様も担保があるのであれば、資金調達に苦労はしないと思います。むしろ担保がないと融資が受けれないのではないかと考えてる方も大勢いらっしゃいます。

融資を受ける場合には皆さん、無担保・無保証の融資を希望されます。
担保の用意も必要なく、資金調達できるのであれば、そんなにいい話はないからです。

今回は銀行から無担保で融資を受けることを目指した上で、無担保で融資を受ける方法をお伝えしたいと思います。

銀行の融資審査の基本は「返済余力はあるのか?」


まずそもそも「銀行は基本的には無担保でも融資をして、事業から生み出される収益から返済できるのか?」 という点を一番重視しています。

担保の有無を問わず、基本は返済能力があるのか、返済能力が乏しければ、そこで初めて担保の有無を確認します。 

つまり、事業から生み出される収益が十分であれば、無担保で融資を受けられることはできるのです。

また事業にて融資の返済が困難と考えられる場合には、どれだけ担保があったとしても銀行融資には応じていない、あるいは審査が通りにくい状況でもあります。
一時期銀行は担保があればいくらでも銀行融資を実行していました。これは銀行融資の審査において最終的に担保にて全額回収出来るから大丈夫だという理屈が通っていたからです。

ただし現在も担保を提供できる優良な借り手が減っているので、事業で収益がある程度発生し、担保があれば積極的に貸してくれる傾向は変わっていないようです。

現実問題として、取引実績がない銀行に融資の申し込みをする場合には、ほとんどが
信用保証協会の保証付融資になることが多いのが現実です。

ではどの様にして銀行から無担保で借りられるのか?

 

無担保で融資を受ける方法はあります。

① 信用のある人から銀行を紹介してもらう

まずと銀行は飛び込みで融資相談に来る方に対して、非常に悪いイメージを持っています。

「お金を貸してください」と突然来る人は、お金に困っている人で、貸し倒れリスクが高いと教え込まれています。

正直対応するのはめんどくさいなぁと考えています。
銀行と接点が無いのであれば、銀行から信用されている人(税理士、銀行からお金を借りている法人等々)から紹介していただいた方が、融資を受けられる可能性は高くなります。

② 返済できることをきっちり証明する

銀行員の方に前向きな姿勢でコンタクトをとった後は、銀行員の方が審査を通しやすいような資料(事業計画、資金繰り表など)と根拠を持って説明してください。
なぜ返済できるのか、という点に重点を置いて説明していただくと良いでしょう。

東京会社再生支援センターでは、個別のご相談にも応じております。 お気軽にご連絡下さい。

 

関連ページ
資金調達コンサルティング

自社の状況を相談したい、改善策を教えてほしいという皆様、相談面接をお受けします。03-5979-2205受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み お申し込みフォーム
※ご料金を頂くのは、契約締結後、または実行時ですのでご安心を!まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 【資金調達等の相談受付中】

   【資金調達等の相談受付中】

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善計画書公開中

 経営改善計画書公開中

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 富永英里著書

 富永英里著書