経験豊富な企業再生のプロフェッショナル集団

資金調達・資金繰り改善コンサルティングなら東京会社再生支援センターにご相談下さい!

親切対応厳守「HP」を閲覧したとお伝えください 03-3985-8703お電話受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み
【全国対応可】資金調達のご相談は、余裕を持ってお早めに!

HOME >  会社再生トピック > 経営に必須な知識!資金調達の方法6つの方法

経営に必須な知識!資金調達の方法6つの方法

これから起業する、現在事業を行っている方、資金調達の理由は様な要因で発生します。
経営者にとって資金調達は必須の業務です。そこで資金調達手段にはどういったものがあるのか、資金調達ニーズに合わせて、資金調達の方法をご紹介します。

 

まず、資金調達には大きく分けて二つの方法があります。
直接金融と、間接金融です。聞いたことありますでしょうか?

直接金融とは、「必ず返さなくて良いお金が出資(資本)」で間接金融とは一定条件で「「返さないといけないお金が」です。

直接金融(出資)をしてもらって資金調達する際には、株式を発行し、出資者に一定の権利を付与します。
間接金融(融資等)の場合には、株式を発行する代わりに利息を支払い、一定の条件で返済することが求められます。

 

友人、知人、親族からの資金調達

友人、知人、親族からの借り入れは、ある程度信用があれば比較的容易に行えます。

株式会社の場合には出資をしてもらう方法や、法人へ貸し付けてもらう方法があります。
審査もなく、条件もあまり細かく定義しないで資金調達を行う方が多いのですが、友人、知人、親族から資金調達する場合はトラブルになり、
人間関係が悪化する場合がありますので、資金調達の条件や金銭消費貸借契約はきっちり確定させてから資金調達の実施を行うことをお薦めします。

返済は銀行口座を通し証拠を残すことも必要です。

 

日本政策金融公庫からの資金調達

日本政策金融公庫の公庫融資

日本政策金融公庫は、日本政府100%出資の政策金融機関です。

信用力が乏しい個人事業主の方や、中小零細企業へ「セーフティネット機能の発揮」「日本経済・発展への貢献」「地域活性化への貢献」を主な役割として資金提供している機関になります。

新規起業者向けの融資制度も整っているので、何も担保を提供するものが無くても、創業前から相談窓口で、相談することもできますので、起業を考えている方は一度相談窓口で相談することをお薦めお勧めします。

創業融資は設立直後の会社の資金調達法として最も実現性が高い資金調達方法です。

 

保証協会を利用して資金調達

創業時は信用力が乏しいため、金融機関からの資金調達は非常に難易度が高いです。
信用の問題から設立直後の会社には、大手銀行は融資を実行しないことがほとんどです。

 

そのため国としては、「信用保証協会法」に基づき、公的機関として日本全国に「信用保証協会」を設置しています。

「信用保証協会」は事業経営に取組んでいる方や法人が金融機関から事業資金の融資を受けるとき、保証人となって借入れを容易にしてくれる役割を担っています。

「信用保証協会」が金融機関に対して保証人の役割を担ってくれるため、金融機関としても

リスク回避をするこができるので、融資のハードルが下がる効果があります。また地域によっては、行政が支払利息や保証料を一部負担してくれる制度もありますので、その点は必ず確認してみてください。

但しデメリットもあり、支払利息とは別に保証料が発生し、申込から融資実行まで1カ月以上かかることがあるので、利用する際には早めに相談しましょう。

 

また保証協会では、各種セミナーや創業スクールなども運営しているので、経営の勉強がしたい、起業の準備がしたいという方は、是非利用すると良いでしょう。

補助金を利用する

国では新たに創業する方を対象に、その創業費用に必要な経費を助成してくれる制度があります。
時々に補助金内容は変わる場合や、常に募集していないので、ここでは個別の詳細には言及しませんが、創業時に役立つ補助金があることは知っておいて損はありません。
創業前・創業後どちらでも申込みでき、返済は不要です。

但し補助金の認定には時間を要することがほとんどで、かつ後払いなので、急な資金調達には合っていませんので、その辺はご注意下さい。

例1 創業促進補助金

補助率2/3 補助金の範囲100万円~200万円以内

例2 第二創業促進補助金

補助率2/3 補助金の範囲100万円~200万円以内(既存事業を廃止する場合は、廃止費用として800万円以内)

申込は各都道府県の事務局に窓口があるので、まずは中小企業基盤整備機構のHPで確認して下さい。

ベンチャーキャピタル(VC)から出資をしてもらい資金調達をする

ベンチャーキャピタルからの資金調達の場合は、直接金融である出資してもらい、引き換えに株式を発行し、付与することになります。

主に株式上場を狙うような有望な会社に対して有効な資金調達方法となります。

ベンチャーキャピタルから資金調達をすると、経営のアドバイスや顧客の紹介等ビジネスマッチングの機会が増え、資金調達以外のメリットがあります。

但し、経営権を握られる場合があるため、株式比率は考慮する必要があります。

個人投資家

個人投資家、エンジェルという言葉はよく聞きますが、実際にどのような人がいるのでしょうか。個人投資家の多くは実際に起業経験者である程度の企業を経営している方が多いのです。身近に個人投資家がいれば、事業計画を持って相談しにいくのも資金調達の近道です。しかし、普通はなかなか知り合う機会がありません。紹介も期待できないケースが多いです。

ここで紹介させて頂いたもの以外にも、資金調達法はありますし、会社が成長するに従って選択肢も増えてきます。

資金調達をお考えであれば、是非お気軽にご連絡下さい。

自社の状況を相談したい、改善策を教えてほしいという皆様、相談面接をお受けします。03-5979-2205受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み お申し込みフォーム
※ご料金を頂くのは、契約締結後、または実行時ですのでご安心を!まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 【資金調達等の相談受付中】

   【資金調達等の相談受付中】

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善計画書公開中

 経営改善計画書公開中

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 富永英里著書

 富永英里著書