経験豊富な企業再生のプロフェッショナル集団

資金調達・資金繰り改善コンサルティングなら東京会社再生支援センターにご相談下さい!

親切対応厳守「HP」を閲覧したとお伝えください 03-3985-8703お電話受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み
【全国対応可】資金調達のご相談は、余裕を持ってお早めに!

HOME >  サービスメニュー > リスケジュール支援コンサルティング【中小企業の財務担当者様向け】

リスケジュール支援コンサルティング【中小企業の財務担当者様向け】

「リスケジュールとは?」

リスケジュールとは、融資を受けている金融機関への返済が苦しくなった時や、資金繰りに困窮し資金調達の目途が立たなくなってしまった場合において、金融機関との直接交渉をもって、一時的に返済を止めてもらう、返済期間の延長をしてもらう等の返済計画の変更を申し出ることです。

つまり金融機関と交わした債務返済条件(約定返済)を変更する方法です。

リスケジュールを行なうと、月々の返済額が減る形になるので、今までの返済額の資金を確保出来ることになり資金繰りに余裕が生まれます。

一定期間、金利のみの返済にしてもらったり、返済回数を増やして1回ごとの返済額を少なくし、当面の資金繰りを楽にするといった方法があります。

経営難に陥っている多くの企業が、会社再生、事業の立て直し策の一環としてリスケジュールを行なう傾向にあります。

資金繰りが悪化した時、経営者自身は様々な方法で改善策を模索することになると思います。

しかし、倒産の危機を感じているのに、リスケジュールを試みようとしない経営者の方が非常に多くいらっしゃいます。

無理に友人、知人、親族から借り入れをし、金融機関に返済を続ける事例が多々御座います。

結果的に不幸な結果に終わるケースが多いです。資金繰りが回らなくなった場合に、まず、キャッシュフローをよく確認して、リスケジュールが可能かどうか考える必要があります。


金融機関に対するリスケジュールのご相談を希望の方はコチラへ

リスケジュールを金融機関に申し込むには?

① 金融機関へリスケジュールや返済猶予の申込みを行うにも電話一本、書類一枚で「来月から返済額を半分にしてください」と依頼しても、交渉はまとまらないでしょう。

まず、金融機関に出向いてリスケジュールを申し出ます。その時に、口頭だけで説明やお願いをしても、リスケジュールに応じる返事はもらえないことが大半です。必ず、資金繰り表や試算表を持参して、御社の現状を理解してもらう必要があります。

② 御社、金融機関両社にとって、リスケジュールを実施することが、今後において経済合理性があり、返済を継続した場合事業が継続困難になってしまうことを、理解してもらいます。

③ 事業計画書や経営改善計画書、返済計画書も後日で良いので提出します。

 

リスケジュール成功のポイントとは?

リスケジュールを金融機関に認めてもらえるかどうかの成功ポイントは、金融機関に提出する返済計画あるいは経営改善計画の出来次第です。

リスケジュールを検討する金融機関の審査部は書類のみでしか、判断できません。数値化出来ない経営者の経営手腕や、人柄はほとんど考慮出来ないのが実情です。

 

リスケジュールのメリット

毎月の返済額が抑えられ資金繰りに余裕ができます。場合によっては、1年間の返済猶予期間を設けることが出来た事例もございます。

また返済猶予期間の間に、経営改善を行う余裕も生まれます。

リスケジュールのデメリット

①新規融資が困難となるため、リスケジュール後の資金繰りの目途を立てる必要がある。経営者は、このリスケジュールを実行している間に、事業計画書に基づいた営業やリストラなどを実行して、効果的な経営の立て直しを試み、経営を健全化させる必要があります。

②金融機関銀行からの評価は、一時的に下落する。但し、計画通り返済すれば、元に戻ります。

③金利の引き上げや追加担保を求められる場合がある。但し、必ずしも応じる必要はございません。

 金融機関に対するリスケジュールのご相談を希望の方はコチラへ

リスケジュールを行う上での注意点

リスケジュールを行なう場合において、気をつける点があります。    融資を複数の金融機関から行なっている場合、特定の金融機関を優先して返済をする、特定の金融機関のみ担保を提供するなどの便宜を図ることはご法度です。

返済や、担保の提供は公平でなくてはなりません。後で発覚すると、大変なことになります。

よって、借入れをしている金融機関すべてに対して、同一のタイミングでリスケジュールを依頼することが重要です。

 

なぜ多くの経営者は東京会社再生支援センターに依頼するのか?

東京会社再生支援センターでは、金融機関出身のコンサルタントを中心に、 実務経験のある銀行交渉のプロフェッショナルが、金融機関へ提出する資料を作成し、交渉までサポート致しますので、初めて金融機関とリスケジュールの交渉する場合よりも、成功確率が格段と高いためです。

 

東京会社再生支援センターに依頼するメリット

金融機関側は、融資をした際と、リスケジュールを申し出る際の対応は全く違う場合がほとんどです。 リスケジュールを成功に導くには、資料作成や、タフな交渉が必要になり、本業に割く時間が大幅に減ってしまいます。

当センターでは、銀行対策のプロフェッショナルがサポート致しますので、本業に経営資源を集中させながら、無駄な労力をかけることなく、リスケジュールの交渉に臨むことが可能になります。 非常に使い勝手が良いサービスとなっております。

金融機関に対するリスケジュールのご相談を希望の方はコチラへ

 

関連再生事例

運送会社 事業改善計画 再リスケジュール

 

関連コンテンツ

銀行員も納得する経営改善計画書の書き方4箇条

経営改善計画書作成コンサルティング

 

自社の状況を相談したい、改善策を教えてほしいという皆様、相談面接をお受けします。03-5979-2205受付時間 平日9:00~17:30  土日・祝日は休み お申し込みフォーム
※ご料金を頂くのは、契約締結後、または実行時ですのでご安心を!まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 【資金調達等の相談受付中】

   【資金調達等の相談受付中】

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善セミナー実施中!

 経営改善計画書公開中

 経営改善計画書公開中

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 上野良治著書(幻冬舎ルネッサンス )

 富永英里著書

 富永英里著書